平沢進、P-MODEL ファンサイト【ひ組】ブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【Pre再再】soyuz project | main | 【Pre再再】工作産業可燃物 >>
【Pre再再】soyuz project 2.0

2008/12/13(sat) Discord Proving Ground chap3.0
soyuz projectのライブに行ってきました。

出演者とタイムテーブルは下記の通り。

18:00   オープン
18:30-19:00 MACIDA YAYO
19:00-19:30 DIRECT LIGHTNING STROKE
19:30-20:00 MEANING OF NONSENSE
20:00-20:30 CARRE + KELLY CHURKO
20:30-21:00 MICRODIET
21:00-21:30 KK NULL
21:30-22:00 SOYUZ PROJECT

いつもならオープニングから参加するのですが、今回はさすがに長すぎる(笑)。
20:00を過ぎた頃に会場入り。ちょっと狭い。…かなり狭い(笑)。
この時点で15分おし。

21:00頃、カウンターで飲んでいると、すぐ目の前に福間さんが。
挨拶をすれば「テクノっぽいっすね。」
何を飲んでいるかと訊かれラムコーラと答えると「オシャレ!」
となぜか立て続けに誉められる(笑)。
テクノっぽいのは…メガネのことかな?

そういえば、福間さんがP-MODELのメンバーだった頃、福間さんのサイトに「バカ写真」というコーナーがあって、私が投稿した写真も「テクノっぽい(ポイテク)」と評価された記憶が。
あの写真、バカ大賞までいただいたのですが、写真が見つからない…(笑)。

ステージにはちょっとした卓があり、機材はその上に。
客席とステージが明確に分かれておらず、なんとなく卓から1〜2mはステージ…みたいな感じで、もちろん緞帳もなく、ステージが終わったらその場で片づけ始め、終わったら次の演者がセットアップ開始…という感じ。
一方、演奏内容はというと、硬派というか、ハードコアというか、ノイジーというか、トランスというか。
若干soyuzとは方向性が違うかも?

soyuzは22:00頃、つまり予定より30分程遅れてスタート。

ステージの狭さもあってか、システムはコンパクト。
福間さんと並んでステージに立つ映像担当のDTW田口さんはmixiのsoyuzコミュの管理人さんでもある方。
福間さんはいつも通りiBookですが、田口さんはLet's NoteのRシリーズ。
モニター上部の突起から判断するにR6〜8。ちなみに私の愛用ノートはちょっと古めでR4。
やっぱり「出来る男はLet's Note」ですよ(笑)。

「swing by」では、歌詞が読み取れる映像。
soyuzはCDに歌詞カード付いていないので、初めて文字で見る歌詞が新鮮な驚きでした。

会場は狭くて、普通のライブのようにノリノリで踊ると言うよりは、リズムをとる程度…だった筈なのですが、終わってみると結構な汗をかいていました(笑)。

soyuz終了後、再び福間さんに挨拶。
田口さんとも結構お話しができ、実は040チャット(古っ:笑)なんかでよくお見かけしていた方でした。
福間さんから「(4Dの)成田さんに似てる」と言われ、成田さんはもちろん私なんかよりメチャメチャカッコイイ方なので、これから成田さんを目標に生きていこうと思います(笑)。メガネだけではなく(笑)。
ただ、これも福間さんから「太りましたよね?華奢なプログラマーがウリだったのに…」と言われてしまいました。
そんなウリは無かったのですが(笑)。
人を「痩せすぎ」「痩せ気味」「標準」「太り気味」「太りすぎ」の5段階に分ければ、当時も今も「標準」のはずなのですが…。まぁ当時は「痩せ気味よりの標準」で今は「太り気味の標準」なので、ちょっと痩せようと心に誓いました(笑)。

Trackback URL
http://blog.higumi.com/trackback/2
TRACKBACK