平沢進、P-MODEL ファンサイト【ひ組】ブログ
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< P-MODELなGoogleカレンダー | main | 平沢進「現象の花の秘密」インタラクティブ・ライブ「ノモノスとイミューム」解析 >>
PHONON 2555
「PHONON 2555」へ行ってきました。初日がかなりいい席、二日目が普通、三日目が二階。

会場に置かれたティンパニーが、果たして本物のティンパニーか、そんな形の面白楽器か、開演前から悩みどころでしたが、もしかして上領さんが出てくるのかとワクワク妄想していたら荒木さんが登場(初日はかなりいい席だったので顔が見えた)。
なんだ荒木さんか〜、とのっけから失礼極まりない感想(笑)。
でも、荒木さんの演奏かっこよかった!

もう一人のサポートメンバーはPEVO 1号さん。顔はサングラスで見えなかったけど、どう見てもPEVOさん。
っていうか、サングラス外した方が誰だかわからないかも(笑)。
タブレットにギターネックが付いたような、こちらはちゃんと(?)面白楽器を活用。テスラコイルのコントローラーとしても大活躍でした。

ファンの間では「ゲストがミュージシャン」と言うことで話題騒然でしたが、それってミュージックライブとしては極々普通のことだから!
と、「東京異次弦空洞」と同じツッコミをするとは(笑)。

ステージはかなり広いのに、テスラコイルの稲妻の飛びが小さい。スクリーンの向こうは結構狭いのかと思いましたが、二階から見たら大きい方のファラデーケージでした。
ステージが広すぎて、ファラデーケージが小さく見えていただけなんですね。

最終日だけデストロイ用ギターが置かれていなかったので、何かトラブルかと思いきや、満を持して登場したのは「良い方のギター」!最終日はDVD用の撮影があるからか!
このギター、どこかで見た記憶があったのですが、私の記憶にあったのは「Talbo Jr.」でした。
ネックはTalboっぽかったのですが、ボディーが全然違う形。なんだろ?

音響は初日酷すぎてビックリしましたが、だんだん良くなっていった感じです。

---

ちょっと意外だったのは、ファンが相当入れ替わってる感じだったことですね。
物販がすごい行列!初日でめぼしいグッズはほとんど売切れたとか。

ケイオスさん、今こそボロ儲けのチャンスですよ!

例えば、トレーディングカード出しちゃうとか!
歴代メンバーだけじゃ足りないから、関係者総出演のトレカで、物販会場で大交換大会ですよ!
「うわー、またサトケンでたー!」とか、超楽しそう(笑)。

で、1パックに1枚、P-MODEL総選挙の投票権が入っていて、1位はセンター、3位までが次のP-MODELのメンバーですよ。
センターは平沢さんなんですが、2位が大和久さん、3位が平野さんとかになっちゃって、わーどうしようみたいな(笑)。
Trackback URL
http://blog.higumi.com/trackback/24
TRACKBACK