平沢進、P-MODEL ファンサイト【ひ組】ブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 個人情報保護法 | main | PHASE-Project! 始動しますよ。 >>
平沢ワンフー マヒケイド

いきなり説明は気が引けるんですけど。

■仮面ライダー ディケイド
ディケイドは10の意味。2000年、仮面ライダー「クウガ」から始まった平成ライダーは前作の「キバ」までの9年間で9作品を放送。
10作目の「ディケイド」は平成ライダー9作品の世界を巡るという、…もうなんでもアリな展開です。
惰性で見てるけど、これ、どうなのよ(笑)。

■ワンフー
「ファン」の業界用語。「ファン」→「ァンフー」→「ワンフー」ということなのでしょう。
とんねるず世代の私も、当時木梨憲武のマネで「踊らされるのはいつもオレ達ワンフー」なんて良くふざけていました。

さて、ここから本題。

去年の夏、ホームページ公開に利用していたサーバー、ミクストメディアがサービス終了してしまい、私の平沢/P-MODELファンサイト、もとい平沢ワンフーサイト「ひ組」が消滅したままでした。
まぁ当然データはローカルにありますし、いつでも復活できたのですが機会がないままズルズルと…
なんてしてられない!もうインタラまで一ヶ月切ってますので、インタラ解析の場所を作らないと!というわけで新たなサーバーをレンタルして、復活させました。
特に内容は変わりないんですけど(笑)。

http://techno.music.coocan.jp/higumi/

今後とも「ひ組」をよろしくお願いいたします。

ひ組は、ワンフーサイトとして本来あるべきP-MODELのメンバー一覧や、平沢氏のディスコグラフィーなんかはバッサリ無いんですけど、なんていうか「工作」と「解析」を中心としたサイトでして、まぁここ数年はあまり更新もなくボチボチやってます。

解析と言えば、平沢ワンフーとして、いつかやろう、いつかやろうと考えている大きな夢があります。
それはインタラクティブ・ライブの裏解析。

インタラ開催の度にGOOD ENDINGへ至るルートを探すのは、いわば表の解析。
裏解析というのは今まで見てきたインタラを通して浮かび上がる様々なまとめ。

例えば、登場人物は極端に女性が少ない。ぱっと思いつくのはオーロラ姫とアスキードラゴンぐらい。アスキードラゴンも一体なんなんだ(笑)。
例えば、死と再生というモチーフ。やたらインタラでは死んで復活する、あるいは死がないという設定が多いのです。ウィワットもヒラサワの生き返った姿だし、インタラではないけど電子悲劇ではタクシードライバーのような端役にも死と復活という設定があります。

こういうことを過去のインタラをズズズーっと通して見ることで、何かが見えてくるのではないかなぁ。
もしかすると、平沢さん本人でさえ気付いていない何かが。

そう、まず私は世界の解析者として、インタラの世界を巡らなければならないのです。
様々なインタラの世界へ赴き「エーマッカンの世界か…」「庭師KINGの世界か…」とつぶやく私。

そして、インタラ世界の住人に訊かれるのです。「お前は誰だ?」

「俺か?俺は通りすがりの平沢ワンフーだ。」

あの…今回、オチは分からなくていいです(笑)。

Trackback URL
http://blog.higumi.com/trackback/5
TRACKBACK