平沢進、P-MODEL ファンサイト【ひ組】ブログ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
携帯版ひ組
先日、新しい携帯を入手しました。結構良い感じ。

で、その新しい携帯で、ひ組にアクセスしたら、
携帯版ではなく、PC版が表示されました。

ひ組は JavaScript が起動できればPC、
そうでなければ携帯と判断しているのですが、
最近の携帯ブラウザは JavaScript が起動できるのか〜。
まいった。

厳密に携帯かPCかを見分けることはできるのですが、
なんか今後も色々対応するのが面倒なので、
JavaScript が起動できるぐらいの携帯なら、
PC版を見てもらってもいい気がします。

ということで、終〜了〜。

ただ、私は携帯では携帯版を見たいので、
このブログのからひ組へのリンクを修正しました。
HIGUMI-BLOG のPC版は右の「LINKS」から、
携帯版は下の方にある「リンク集」から、
PC版でも携帯版でも、好みの「ひ組」を表示させることができます。

---

さて、どうして携帯版ひ組を見ていたかというと、
1月のノンタラのタイトルを、携帯版のカウントダウンで
「SHIBUYA-AXライブ」としたままだったからです。
今は直ってます。きちんと「東京異次弦空洞」と出ます。

で、このタイトルを調べようとググったんですけど、
ちょっと画像を見ておくれよ。
キーワードの適当さはおいておいて…

本当に売ってるの?安いの?



Bye Bye Swingby
去る11/16(火)、久々のSoyuzライブへ行ってきました。

会場はKOENJI HIGH。Soyuzの出番は20:55頃とのこと。
会社近くで夕食を済ませ、リーマンのコスプレで会場入りしたのが20:00頃。
ちなみにリーマンのコスプレは非常に少なかったです(笑)。

新曲(たぶん)で始まり、新しめの曲を中心に、Twitterの文章をリアルタイムで
スクリーン表示するなどの新たな試みや、若干のトラブル等を交えつつ終了。

そしてアンコールでは意外な曲が。
「Swingby」。

それは小惑星衛星機「はやぶさ」の応援曲として作られ、
はやぶさの本体消滅と共に封印されていた曲だったのです。

この日の午前「はやぶさの持ち帰った微粒子が小惑星イトカワ由来である」
というニュースが流れていたことを嫁さんに教えてもらって
でも、Swingbyは封印されたしね〜などと話していたばっかりだったのに、

「今日のライブで最後の演奏をして封印するのがふさわしい」

という福間さんの判断で、本当に最後のSwingbyが演奏されたのでした。

このニュースが1日でも遅かったら、ライブでは二度と聴けないまま
封印されるところでした。

姿勢制御 君の声に Thankyou♪



そういえば、bellissimaの時に、
私の隣で「NACANO」のベースのお姉さんが踊っていました。
超カッコイイお姉さんでした。
あーいう前髪もカッコイイなぁ。またちょっと髪伸ばそう。
スーパーファビコン

ブラウザでURLの脇に小さいアイコンがあるサイトってあるじゃないですか。
WikipediaだったらWマークだったり、Googleだったらgマークだったり。
あれって、そういうファイルを置いて、何かタグを書けばいいんだろうなぁ…
と思い続けて数年。
今日、はたと思い出して、ちゃんと調べてみました。

あれはファビコンというらしい。
作り方、設定の仕方はいたって簡単。ちょっとググればすぐわかる。

と、いうわけで「ひ組」もファビコン作ってみました。
デザインがコレしか浮かばなかった。
というか、コレしかないっ!

http://higumi.net
Powered by Ruby
ひ組が全面リニューアルオープンしました。
って、表向きは全然変わってないんですけど(笑)。
でも内側は、かなり変わっています。

ひ組はコンテンツが100ページ以上、つまりhtmlが100ファイル以上あるのですが、
コンテンツのみのテキストファイルに書き直して、
デザインやリンクのタグはRubyというプログラム言語から出力してます。
こうすることでちょっとプログラムを変えるだけで
100ページ一気にデザインを変更することも可能になります。

というわけで、全ページの最下部に「Powered by Ruby」の文字が入りました。
カッコイイ〜!と思ってるのは私だけ。

トップページはPC版、携帯版、ともに
http://higumi.net
です。

唐突ですが、「宮城ふるさとプラザ」で「辛子みそ」を買ってきました。
デコはデコレーションの略で、他意はない。
ひ組のモバイル対応が完了しました。

とはいっても、もともとPC用のページをなんとなく見られるようにしただけで無理だらけですが(笑)。

と、ついでに2002年頃「i-HIGUMI」という名前でこっそり運営していた携帯専用のネタサイトから今でも使えそうな画像をチョイスしてデコメページを追加しました。
higumi.net mobile のトップページの一番下からどうぞ。

http://higumi.net/mobile/

PCでも見られますが、できれば携帯で。

トゥジャリット


先月末に公開しておいて、すっかり宣伝を忘れていましたが、トゥジャリットのペーパークラフト完成しました。

http://higumi.net/mak/thujarit/

パーツ的には形状が簡単で、また1度作ったパーツをほぼそのまま使い回せることが多かったため、今までの「中ロタ」「培養路」「テスラコイル」等に比べ、半分以下の時間で型紙の設計が終わりました。
しかし立体の作成はその逆。型紙は全部で10種、印刷枚数は14枚という、過去最大枚数、最大サイズの作品。
作成には今までに無いほど時間がかかってしまいました。

まぁ、作る人はいなくていいんです(笑)。

本物のトゥジャリット、つまりCGをデザイン・制作した大和久さんの当時(2009/04/21)の日記には
「もはや正しい構造を把握しているのは私一人だけである。」
と書かれていますが、本当〜に複雑な構造でした。
私がDVDを見ながら作ったペーパークラフトの公開許可のお願いのため、大和久さんへ連絡したところ、大変丁寧に色々なことを教えてくださって…
まぁ、端的に言うと、私の最初のペーパークラフトがかなり勘違いして作られていたわけですが(笑)。

本当に大和久さんには感謝しきりです。
縮尺はともかく、作り直したことで構造的には正しいトゥジャリットになったと思います。

実際に作らないまでも「作成の手引き」だけでも見てみると、トゥジャリットがどういう形をしているか分かると思います。

---

ちなみに、「作成の手引き」の一番下の完成図の写真で、中央・下の方で踊り場ブロックがぶつかっているのが分かりますでしょうか。



この踊り場ブロックは強度的な問題で大きく作っているため、浮いてるブロックが隣り合っちゃう所では干渉しちゃうんですよね。
設計では全然気が付かなくて、作ってみたら2カ所干渉していました。
もう、後戻り出来なかったので、このまま公開しちゃいます(笑)。
嫁げんヘンリー
今日は『突弦変異』リリース日。

嫁さんがCDショップへ購入に行きましたが、平沢さんのアルバムは、ショップによって「邦楽は行」にあったり、「テクノ」にあったり、「インディーズ」にあったりと、場所がまちまちでわかりにくいそうです。
結局、今日は「新譜」のコーナーで見つけたそうです。

実際、平沢さんの音楽がテクノであるとかないとかは別として、テクノならテクノと決まった場所にあれば、探しやすいと思うのです。
次回から帯には
「孤高のカリスマ」
とか、そういう分かりにくいコピーじゃなくて、
「J-POPのは行」
とかそういうコピーがいいと思います。

さて、今回の『突弦変異』は、P-MODELの曲のストリングアレンジと言うことで、次に平沢ソロの曲のストリングアレンジも出るそうです。
では、次回のタイトルはどうなるのか。

四字熟語で、「ゲン」に似た音の部分を「弦」に変えるというパターンを踏襲するなら、例えば、
それならこんなのはどうでしょう。

「明和弦気」

明和弦気/平沢進 なんてジャケットに書いてあったら、間違ってうっかり買っちゃう人がいるかも。
四字熟語かぁ…

「罵詈雑弦」
ちょっと平沢さんっぽい気も。

逆に平沢さんっぽくないので…

「医食同弦」
偏食のヒトには言われたくない気が〜。

「質実剛弦」
マッチョなイメージがないので逆に〜。からの〜。

平沢さんとは関係ないけど…

「以心弦心」
まぁまぁ、悪くないかも。

「海弦山弦」
弦が2つも入ってお得な感じ。


私が一番いいなぁと思うのは、四字熟語じゃなくて、こういうやつ。

「ラブ・ストーリーは突弦に」

平沢さんがのけぞったジャケットがいいと思います。


モバイルとアナグラム
携帯用の2次元バーコード、いわゆるQRコード。
何年か前までは普通のものしかなかったのに、ここ数年はイラストが入ったものをよく見ます。
そろそろ、イラスト入りのQRコードを作ってくれるサイトがあるんじゃないかと思っていましたが、調べてみたらやっぱりありました。

でも、ひ組はモバイル対応していなし、QRコード作ってもなぁ。
…と思っていたのですが、よく考えたらブログ(ここ!)はモバイル対応してるじゃないですか。

と、いうわけでQRコード作ってみました。



で、こうなってくると、ひ組自体もモバイル対応したいなぁ…という気持ちになってきて、最近ぼちぼちモバイル対応しています。
とはいっても、htmlが100ページ以上あるので、なかなか進まない。
最初っからモバイル対応で作れば良かった…(笑)。

現時点で、【創】は対応完了しています。
【解】は一部作成中。

http://higumi.net/mobile/




---


と、話は変わるのですが、PC用のトップページ、ちょっと変わりました。
右側の上の、グレーの英文。マイミクの宝さんに作っていただきました。
実はちょっとアナグラムになっていて、そのせいで英文としてはこじつけっぽいそうです。
私にはよく分かりませんが(笑)。

最初に、なんかカッコイイ英文を作ってください、と非常に漠然(笑)とお願いしたところ、

Folding a piece of paper into the figure of a long diagram.
折り紙で長いダイヤグラムを折る。

という英文を考えてくださって、これはブログ(ここ!)の携帯版で使わせてもらっています。



なんとなく、「創」と「解」を意味しているような、そうでもないような、イマイチ意味の分からない感じが気に入ってます。

えー、あと、トゥジャリットのペーパークラフトが完成して、今ケイオスに公開許可を取っているところです。
もう少々お待ちを。
(たぶん誰も作らないと思うけど(笑)、構造が分かるので必見。…かなぁ?)
ゲゲゲの女房
最近、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を欠かさず見てます。
水木しげるの所属していた出版社が倒産したり、
良い物を作っているのになかなか売れなかったり。
今日の放送では、原稿料もらったその帰り道、
生活が苦しいのに戦艦「長門」のプラモデルを買って、
奥さんに呆れられていました。

…なんか既視感がある(笑)。

「フルへの事務」平野さんあたりに書いて欲しい気が(笑)。
higumi.net
長らく、酷いデザインのまま継ぎ足し継ぎ足しで運営していた「ひ組」ですが、
2010/6/1を持ちまして、14周年を迎えました。

そこで独自ドメインの取得と、コンテンツのリニューアルを行いました。

新しいURLは「ひぐみ ドット ネット」

http://higumi.net

です。

改めて全コンテンツの内容を確認しましたが、

ひ組は「ペーパークラフト」と「解析」だ!

…という結論に辿り着きまして、

「創=ツクリダス」
「解=トキアカス」
をメインに再構成しました。
そしてその2つに入らないレポート等は
「他=ワケキレズ」
としました。

今後とも、よろしくお願い致します。

リニューアルオープンに向けて、「点呼する惑星」のストーリー概要を作成、
トゥジャリットのペーパークラフトは公開に至りませんでしたが、再設計中です。
ここ数日、DVD見っぱなしで、頭の中が「点呼する惑星」でいっぱいです(笑)。